お葬式における女性の服装マナー

冠婚葬祭はそうたびたびあるものではないですが、マナーを知っていて損はありません。
とくにお葬式における服装のマナーに関しては、絶対に失礼があってはいけません。
不幸事は予期せぬことですので、服装マナーは知っておきたいものです。
とくに女性は、普段からスーツなど着慣れていないことも多いです。
鞄や靴もタブーを知っておくと良いです。
失礼にならない服装は肌の露出が少ないものです。
夏場でも五分袖位が望ましいです。
ストッキングも黒です。
寒くてもタイツはいけません。
装飾品も結婚指輪くらいです。
パールネックレスは二連は避けます。
不幸事が重なることを意味するからです。
メイクやネイルも地味にします。
鞄は布製のものがベストです。
靴も同じく布が良いとされます。
皮革製品は摂政を連想させるからです。
用意できなければ皮でも艶消しのものが良いです。
またそう何度も着用するものでもありませんので、デザインは長く着られる定番といえるものが良いです。