冠婚葬祭の服装について

冠婚葬祭ではどのような服装をすればよいか悩む方は多いと思います。
特に通夜や葬儀の場合では失礼のない服装でなければいけません。
まず通夜の場合は、男性は濃紺やグレーなどのダークスーツが望ましいです。
また、ネクタイは黒を着用する事が一般的です。
女性の場合は、濃紺やグレーなどのスーツやワンピースでストッキングは黒か肌色が望ましいです。
葬儀の場合は、男性はブラックフォーマルを着用します。
そして靴は金具のない黒い靴を着用します。
女性の場合も同様で、ブラックフォーマルで黒い靴、黒いストッキングを着用します。
しかし、最近は通夜と葬儀ではブラックフォーマルを着用する事が一般的です。
ですが、通夜と葬儀では濃いメークは香水、派手なアクセサリーは控える事が大切です。
また、光沢のある物を身につける事はマナー違反なため注意が必要です。
このように、失礼のない服装で行く事が大切です。
また、突然の訃報で慌てないためにあらかじめ準備しておく事も大切です。