冠婚葬祭の服装を知っておこう

大人になると冠婚葬祭に出席する機会も増えてきます。
子供の頃は両親に言われるがままに出席していましたが、成人してからは自分で準備し出席しなければいけなくなるのです。
しかし結婚式やお葬式などにはそれぞれに基本的なマナーが存在しており、得に服装選びを間違ってしまうと恥ずかしい思いをしてしまうことになります。
女性の場合であれば結婚式の場合にはおしゃれしたくなりますが、あまりにも度を越した派手さや、また花嫁の色である白を着ていくことは大きなマナー違反になります。
また肌を露出したり極端に真っ黒も避ける必要があるのです。
そし通夜やお葬式の場合には黒の喪服が一般的です。
黒のスーツやワンピースに黒のストッキング、そして黒の靴を履きます。
肌をなるべく露出させないようにし、スカートは正座した時に膝が隠れる長さが好ましいと言われています。
またアクセサリーはあまり身に着けず、メイクも控えめにするのがマナーとなります。