冠婚葬祭での女性の服装のマナー

冠婚葬祭の際に、どんな服装がいいのか悩んだ経験があると言う方は多いのではないでしょうか。
特に急なお通夜や葬式では、マナー違反になっていないか不安になった方もいるでしょう。
基本的に、肌を出さない黒の服装で、毛皮のファーやワニのバックのような殺生を連想させるものを身に付ければ、悪く目立つことはありません。
女性が気を付けてることは、まず肌の見せない服装をすることです。
ミニスカートもいけません。
葬式では肌色のストッキングではなく、薄い黒のストッキングをはくとよいでしょう。
メイクは薄めにしましょう。
濃くてもノーメイクでもいけません。
髪が長ければ、まとめておきましょう。
アクセサリーは基本的に結婚指輪以外はつけません。
どうしてもつけたいときは、パールのものにしましょう。
パールのネックレスは、二連ではなく、一連のものにしましょう。
また、靴は黒が良いです。
しかし、光沢のあるものは避けましょう。
ぜひ参考にしてください。